先日、初のひとり音楽フェスに挑戦してきたならきちです~!皆さん良いGWを過ごされましたか?
休んだ後だと会社に行くのがつらい…なんていう五月病の方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて!昨今、良くも悪くも「働き方改革、働き方改革…」と巷で話題ですね。
そんな中、我らがリングローが「TOKYO働き方改革宣言企業」に認定されました!!(唐突)

TOKYo働き方改革宣言企業HPスクショ

東京都産業労働局が、「働き方と休み方を変えよう!」ということで創設した制度です。
「TOKYO働き方改革宣言企業」ってなに?
従業員の長時間労働の削減や年次有給休暇等の取得促進について、 2~3年後の目標と取組内容を宣言書に定め、全社的に取り組む企業等のことです。 宣言書は東京都のホームページで公表します。
URL:https://hatarakikata.metro.tokyo.jp/
早速ですが、リングローがどんな働き方改革を宣言したのか、ご紹介させていただきます。

『個々人に合わせたワークスタイルの実現を促進させるだけでなく、会社として長期的かつ多くの人に適用することができる制度整備を行います。』

です!!

0001 (6) - コピー


うむ…。私の足りない頭では、分かるような、分からないような…。
そこで、こちらの宣言を作成した人事課の高田さんに話を聞いてきました!


ならきち(以下、な)「高田さん、早速ですが…。なぜ今回、このTOKYO働き方改革宣言企業に名乗りを上げようと思われたのでしょうか。」

DSC05735

高田さん(以下、高)「助成金事業に手をつけたいと考え探していたときに見つけて、これはリングローならできるところがたくさんあるんじゃないかと思ったからですね。」

「なるほど!今回の宣言によりリングローでは具体的にどんなことに取り組むことになるのでしょうか。」

「以下のような取り組みをします。」

リングローの働き方改革
・有給休暇の取得率65%以上を目指す
・給与明細の見方を指導する
・残業時間や勤務体系に関する相談窓口を設置
・一時間単位で有給を取得できるようする
・きちんと休むメリットを実感してもらうための特別休暇を設定

「ほぉ~!色々やれることがあるんですね。」

「はい。これまでのリングローの年次有給休暇取得率は57.6%と平均値は上回っていますが、より高い目標を設定しました。」

DSC05750

「とはいえ、すでにリングローは働きやすい会社だと思いますが…。個人に合わせて柔軟に対応してくれるところがあるじゃないですか。私も心身ともにうまくいっていない時には、少し休めって社長に言ってもらったりします。」

「うん、確かに柔軟性のある会社だよね。今は社員数が50名強と少ない分、実態を把握して個別に対応ができています。でも日々労務の仕事をしている身としては、これから会社が大きくなる上である程度は制度化しないと問題も出てくるのではと考えています。だから将来を見据えてルール化に取り組む必要があるなと。」

「未来のために今から行動を起こすんですね!そういえば、今回の宣言で奨励金が出たと聞きました。」

DSC05746

「そうなんです。都内で事業を営む企業等が対象で、働き方改革の推進を目的に最大で60万円支給されるものです。リングローは40万円の奨励金をいただきました。」

「おー!すごいですね~!」

「さらに、宣言から6カ月以上経つと専門家が宣言内容の取り組み状況を確認しに来て、今後の進め方について助言してくれることになっています。ヒアリング結果の報告書も送付してもらえるんですよ。」

「それは心強いですね!リングローの働き方改革も着々と進んでいきそうな予感がします!」

DSC05759

「まずは社員に取り組みを理解してもらえるように、拠点ごとに人事施策や制度について説明する会を実施していこうと思っています。社員の要望を吸い上げて、会社にとっても従業員にとってもプラスになる取り組みができるように頑張ります。」


まとめ
「人を育てる福利厚生」と称し、田植え研修や運動会、オーダースーツの支給など、数々の取り組みを行うリングロー。しかし、人間教育としてのプラスアルファの投資をするだけでなく、労働時間や休暇などついても改革を進めていくということで、一労働者として嬉しく思いました!(笑)一時間単位で有給が取得できるようになったので、二時間ぐらい早退して大好きな韓国アイドルのライブに行けるようになりとってもハッピーです!働き方改革は、従業員のモチベーション向上にも大きく貢献しそうですね!