ならきち
です。明けましておめでとうございます。
新年らしく、本記事は富士山の写真からスタートです!

IMG_4442

お正月気分も冷めやらぬ、清々しい晴天の1月某日。
F1サーキットとして有名な富士スピードウェイに10名のリングロー社員がいました。

IMG_4436

リングロー自転車部です!!チーム名は「チャリングロー」。
自転車といっても、乗るのはロードバイクではなく“ママチャリ”!
この日は『スーパーママチャリGP 2018』に参加するために、静岡県までやってきました。

『スーパーママチャリGP』とは?
mamachari

国際競技場を舞台に非力なママチャリを使い人間の限界に挑む、男心をくすぐる究極のスポーツ競技です。
大衆車を使うことにより年齢的、身体的格差を払拭し出来る限りのイコールコンディションを確保すると共に、人力競技の頂点を目指します。
URL:http://www.japan-racing.jp/fsw/18/mama_s.html
1チーム最大で10名がエントリーし、交代で7時間ママチャリを漕ぎ続け、その周回数を競う競技です。コースは1周4,563m。標高は545~585mでなんと高低差40m。(参照:富士スピードウェイ公式ウェブサイト
そんな過酷な条件でも、1000以上のチームが参加します。多い…。

大会の正式名称は「第11回 ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久 ママチャリ世界選手権」。
そうです、これは世界選手権なのです!!!!
IMG_4429
部長は経理の井柳君です。運動が大好きだそうです。

朝7時、早速ラジオ体操が始まりました。
IMG_4421
※前日の夜11時に集合し車中泊していたため、すでに疲労感が…笑

7時半頃には、第一走者が颯爽とスタート位置に向かいました。
IMG_4439

8時に号砲!!
そして約11分後…。

IMG_4453

チャリングロー屈指のスポーツマン・ハヤト君ですら倒れ込む過酷なレース…。
一同は震えました。

IMG_4457

「やばいな・・・」

しかし、我々の使命は順番が来たらチャリを漕ぐこと。ただそれだけ。
IMG_4479

IMG_4485
ICチップが入ったバンドを足に巻いて周回数が計測されます。これがバトン代わりです。

IMG_4497
チャリングローはゼッケン番号817でしたが、このオシャレなデザインは後藤君(↑)が作ってくれました。

817
よ~く見ると参加したメンバー全員の走順と名前が入ってるんです!!すごい!!
パソコンの基盤風になっています。

IMG_4505
チャリングローメンバーは、男性は11~15分程度、女性は15~20分程度で1周を走りました!

走り終わるとぐったり…。
IMG_4544
次の自分の番が回ってくるまで、寝たり食べたりして回復に努めます。笑

様々な工夫を凝らしたママチャリやコスプレを見ることができ、これもママチャリGPの楽しみの一つです。
IMG_4556
クマちゃん、リアルな魚、など…。
IMG_4555


そんなこんなで長かった7時間の激闘も終わりを告げました。
IMG_4445

結果発表です。
IMG_4547

チャリングローは…
IMG_4548
29周(132.327km)を走り、第532位でした!!!
ちょうど出場チームの真ん中ぐらいです。

きつかったけれど、終わってしまえばいい思い出。
疲労と達成感を感じながら富士山を背に記念撮影!
IMG_4542

トロフィーは池袋オフィスに飾られました。
26733026_770662716458670_1688947015_o


まとめ。
なんで自分は新年早々こんなに息を切らして富士山のふもとでママチャリを漕いでいるんだろう…と冷静に思ったりもしましたが、24時間以上チャリングローメンバーと過酷な時間を共にし、絆が深まったような気がします。部長が「皆さん参加してくださってありがとうございました!お疲れ様でした!来年も頑張りましょう!」と言ったときは、ほぼ全員が「マジかコイツ…」となりました。そんなことを言いつつ、来年もこの時期が来たら「まぁいっか」と参加してしまうような気がして恐ろしいです。何はともあれ、体を動かすのはやはり気持ちがいいですね!2018年のいいスタートが切れました!